固定資産税の場合

固定資産税。
それは不意に訪れるものだったりします。
自分の意思で支払わなければならないというよりかは、親が亡くなったなどの条件で発生するものだったりしますので、固定資産税というのは不意に訪れる大きな出費です。
その固定資産税を支払えないというケースも出て来るかもしれませんが、固定資産税の支払を延滞する場合はどのような状況に陥るものなのでしょうか。
この部分というのは実はとても難しい問題です。
というのも、固定資産税も税金の一種ですので、行政が介入してきます。
しかし、行政側としても固定資産税の延滞に関しては心情的には仕方ないと思ってくれているものなのですが、それでも行政の財政事情もありますので、固定資産税を延滞すると、まずは督促状が届きます。
それでも支払が無い場合は財産差押えといった行動に移ります。

特に最近では行政も財政事情が厳しいですし、市民の目もありますので、固定資産税の回収作業は割と迅速に行われるものですから、その点では注意が必要かもしれません。
最悪、固定資産税を支払うためにその固定資産を手放すという事にもなりかねませんが、それも税制上仕方のない話だったりしますので、そこは難しい部分ですね。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP