図書館の場合

図書館。
それは公共事業です。
どの街にも図書館というのは必ず存在するものですので、多くの一般市民が図書館を利用しているのではないでしょうか。
また、図書館と言ってもただ本を借りる事が出来るだけではなく、例えば体育館で運動を行えたり、社交場として多くの人とコミュニケーションが謀れたりと、その役割というのは地域のコミュニティでもとても大きなものを担っているのです。
そんな図書館で本を借りる。
それは行政サービスですので基本的に無料で行う事が出来ます。
しかし、当然ですが、本は市民のものですので返却しなければならないものです。
では図書館で借りた本と延滞してしまった場合、どうなってしまうのでしょうか。
基本的に図書館のサービスはお金の掛かる問題ではありませんので、まずは返却を促す葉書が送られてきます。

それが数回続いても尚、返却しない場合は、少々厄介な話になってきます。
というのも、図書館を運営しているのは行政ですので、最悪行政サービスが利用出来なくなってしまいます。
それもそのはず、図書館という行政のサービスをないがしろにしているのですから、そのような処分を下されてしまっても仕方ないですよね。
しかし、そうした点を抜きに、多くの人が利用するものなのですから、延滞などせず、健全に利用するべきでしょうね。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP