加算税について

年度末の風物詩と言えば確定申告なのではないでしょうか。
確定申告は一年間どれだけ税金を納めたのかを確認するのはもちろんですが、足りていない分は支払わなければならないですし、払いすぎていたものは返ってきます。
特に自営業の人などは確定申告はしっかりと行わなければならないものなのですが、その際に加算税が発生してしまう事もあります。
控除が認められない場合などですね。
その場合、当然ですが追加で支払わなければならないのですが、抵抗感もあり、中々素直に加算税の支払いに応じない人が多いのです。
中には延滞までしてしまう人もいるようですが、加算税という名目ではあっても、それはしっかりと支払わなければならない部分ですので、延滞する事のないよう注意しなければならないでしょう。
延滞金が膨れ上がる…という事はないのですが、踏み倒す事は出来ません。
民間のサービスではないのですから、税金を支払わなければ最悪財産差押えという展開にまで発展してしまいます。

それを考えると、加算税ではあってもしっかりと支払っておかなければならないでしょう。
腑に落ちない部分もあるでしょうが、税金は税金ですからね…。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP