利子税について

多くの人は今、給与は銀行に振り込まれるのではないでしょうか。
かつては現金を手渡しという所も多かったようですが、時代の移り変わりでしょうか。
今では給料日に振り込まれているのが一般的です。
また、定期預金や通常の貯金など、知らず知らずのうちに銀行を利用しているものでしょう。
その際に利息を得られるのですが、実は利息にも税金がかかるのです。
利子税というものですが、税金が発生するような多額の利息を得られる人はあまりいないでしょうから知られていない部分もあるでしょう。
ですが利子税はしっかりと支払わなければならないものです。
知らないがために支払わず、延滞扱いとなってしまう人が多いのですが、利子もしっかりと税金が発生するという点はしっておかなければならないでしょう。
とはいえ、先にもお話ししましたが、税金が発生するほどの利子を生むのは、よほどの元本が無ければならないのですから、多くの人にとっては無縁のものなのかもしれません。

また、中には「なんで利子にまで?」と思われる方もいるかもしれませんが、利子は銀行にお金を「貸す」事で得られる金利のようなものですので、れっきとした「収入」なのです。
そのため、税金が発生するのです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP