メリットについて

海外ほどではありませんが、日本でも最近はクレジットカードを使用する機会が増えています。
言い換えると海外で相応のホテルに宿泊したりレストランで食事をする際、クレジットカードの提示を求められるのが一般的です。
これは偽造紙幣が多いアメリカなどでは、店側にとって確実に支払ってもらえるというメリットがあると同時に、所持者本人の信用性を示す指標として使われているためです。
つまりクレジットカードを持たない、作れない人は信用力がない!ということであり、一種の身分証明というメリットがクレジットカードにはあるようです。
さらに海外旅行に際しては、煩わしい両替や為替レートを考えることなく商品を購入できるというメリットもあります。
一方で日本国内においてクレジットカードのメリットを考えると、現金を持ち歩く必要がない、手持ちがなくても大きな買い物ができるという点です。
またより生活に密着したメリットとして、クレジットカードの利用に伴い付与されるポイントを集めることにより、金券や現金として還元されたり、各種のサービスを受けられる点も重要です。
中にはこのようなクレジットカードのメリットをフル活用して不況期を乗り切る人がいるようです。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP