ブラックリストに載ってしまったら

借金の返済が出来ず、自己破産という方法を選んでしまうと、銀行や消費者金融などが共有しているブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ると、少なくとも10年間は、カードの作成やローンを組む事が出来なくなります。

5年ほどすると、信用情報機関の情報は消えると言われていますが、大きなローンを組む場合には、どうしても審査の障害になりますし、カードなどが作れない10年間の情報は残っていますから、10年間も情報がない事が自己破産した証拠と見なされる事も多いと言われています。

また結婚した場合には、ブラックリストに載っている本人の名前だと、様々な手続きが出来なくなるため、旦那または妻の名義で手続きをする必要がある分、相手にかかる負担も大きくなると言えるでしょう。

さらに、ブラックリストに載ってしまった人が、結婚して相手の籍に入る事で、名字が変わり、生年月日と名字で検索するブラックリストで見つけにくくするという方法もありますが、これもよくある事なので、信用機関でバレてしまう事も多いと言われています。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP