クレジットの場合

クレジットカードというのはとても便利なアイテムです。
その場で現金がなくても買い物が出来てしまうのですから、その便利さというのはとてもありがたいものでもあります。
だからこそクレジットカードは広く普及しており、今では国内だけで2億枚、つまりは国民が一人一枚以上持っている計算になりますよね。
それだけクレジットカードというのは多くの人から親しまれているアイテムなのですが、勘違いしてはならない事があります。
それはクレジットカードでの支払いというのは一時的に建替えてくれるというものであって、全て払ってくれるものではないという点です。
つまり、クレジットカードで支払った料金は後日支払わなければならないものなのです。
その支払を延滞してしまう。
それは本来あってはならない話なのですが、もしもクレジットカードの支払を延滞してしまいますと、当然ですがクレジットカードの使用を制限されてしまいます。

そもそもクレジットというのは「信頼」とかそういう意味ですので、延滞する、それはつまり、信用がなくなってしまうという事でもありますので、クレジットカードの延滞には気をつけなければならない問題です。
それは、ただ支払わないだけではなく、金融業界での信頼をも損ねてしまう事になってしまいますから。

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP